こじわ、たるみを防ぐ方法

こじわ、たるみを防ぐ方法

朝起きて、鏡の中の自分の顔に小じわを発見する。女性にとってこんな恐ろしい一瞬はありません。歳をとれば出てくるものと、若いころは油断していたり、ある年齢になると達観して(あきらめて?)しまう方もいるようですが、どうしてどうして、毎日のお手入れ次第で、小じわやたるみは防いだり、日立たなくすることができるのです。日焼けの項でも触れましたが、紫外線が皮膚の老化を進め、小じわをつくる原因となっているのです。小じわはやがて深いシワとなってしまいます。サンスクリーンなどで紫外線から肌を守ることがまず必要です。次に皮膚の乾燥によっても小じわはつくられます。皮膚が乾燥するのは、皮脂の分泌が減って、保湿機能が衰えてくることによります。ですから化粧水、乳液、クリームなどで水分と油分を適度に与えて、肌の潤いを保つことが小じわを防ぐために大切なのです。手順としては、化粧水で肌を整えて、乳液やクリームでモイスチャーバランスを保つようにします。これで小じわはできにくくなりますし、できても目立たなくすることができます。たるみは、肌が弾力を失った状態です。小じわもたるみが原因で生じていることがあります。肌の弾力を保っているのは、真皮と呼ばれる部分です。表皮の下にあって、膠原腺維と弾性腺維からでき、血管、リンパ管、神経、毛根、汗腺、皮脂腺などが網の目のようにめぐらされています。

 

このことから、食事と睡眠で充分な栄養を与えて、新陳代謝を活発化することで肌を生き生きとさせ、たるみを防いだり改善したりできることがわかります。また、弾力線維、 つまリエラスチンを変性させて老化を促進するのは、紫外線です。ですから、紫外線から肌を守ることがとても重要です。真皮の毛細血管の血行をよくするためマッサージをすることも、新陳代謝を活発にする効果があります。ただし、 ニキビや肌荒れ、アトピーのある人はかえってトラブルの原因となりますから、要注意です。バランスの取れた充分な栄養は体の内側から肌を美しくします。五大栄養素と言われるタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルをまんべんなく摂るようにしましょう。特にビタミンAやタンパク質は、肌の保湿機能に大きな役割を果たしています。これらが不足すると肌の水分が奪われ、乾いて固くなります。肌がカサカサになって弾力がなくなってしまうのです。いくらお化粧でがんばっても、肌そのものが力を失ってきては、回復もカバーもしようがなくなってしまいます。ダイエットに取り組んでいると、この栄養バランスをくずしがちです。美肌というと、ビタミンCさえ摂っていればというイメージをもつ人もいるようぞすけれど、五大栄養素がそろってこそ、健康で美しい肌、たるみや小じわなどない肌をつぐり、保つことができるのです。

 

 

痒みとドライスキンとニキビケア

 

経験のある人もいるでしょうけれど、冬になって空気が乾燥してくるとかゆみを感じることがあります。ドライスキンでニキビ肌といって、皮膚が水分を失うために起こる現象です。皮膚の水分を守っているのは角質層で、その働きを保湿と言います。この保湿機能を高めるのが、皮脂なのです。思春期前の子供や皮脂分泌が少なくなった老人の肌がカサカサしていて、かゆみを訴えるのはこのためです。もちろん最近では単に皮脂が少ないからとは言いきれなくなっています。

 

住居の気密性が高くなって、昔のようにすきま風が入るようなこともなくなり、家でも職場でもエアコンの効いている状態では、皮膚からどんどん水分は失われてしまいます。ドライスキンになりやすい環境が整ってしまっているのです。その上、清潔志向で手や顔を洗い過ぎたり、タオルでこすったりしてバリヤーである皮脂膜を落としてしまっては、肌にとってはたまったものではありません。ドライスキン&ニキビ肌になって、かゆみを感じるとついついかいてしまいます。

 

微小な傷ができたところへ細菌がついたりして二次的にニキビや吹き出物が起こることもあります。湯上がりの肌がしっとりすべすべしているのは、角質が充分な水分を保っているからです。この状態をできるだけ長く保つことが、かゆみ対処法です。その方法としては乳液やクリームで皮脂膜の失われた水分や油分を補うこと。とくにセラミドという微量の皮脂成分がドライスキンには大きな役目を果していることがわかってきて、化粧品にも加えられるようになっています。

 

おススメニキビに悩む人のためのサイト

ニキビケア大百科

更新履歴