筋肉や骨

筋肉や骨

成人の体内に70?‐00mg含まれている銅は、筋肉や骨、肝臓に多く存在します。スーパーォキシドジスムターゼ(SOD)などの酵素を助けて、乳児の成長、宿主の防御機構、骨強度、赤血球や白血球細胞た熟¨鉄の輸送、コレステロールや糖の代謝、心筋収縮、脳の発育など、さまざまな作用をもたらすミネラルです。

 

また、骨髄でヘモグロビンを合成するときに、鉄の吸収をよくするほか、腸管からの鉄の吸収を助けます。牛レバー、かき、ごま、すじこ、ココア、こしょぅなどに多く含まれています。《銀》二→FTyE撮K口(欠乏症)● ヘモグロビンの合成が滞って、血液中のヘモグロビンの量が減ったり、赤血球が小さくなったりするので、貧血になるおそれがある●骨折や骨の変形を起こし、自血球が減少するため、抵抗力が低下する

 

●まれに、成長障害、毛髪の色素脱失、筋緊張の低下、易感染症、コレステロールや糖の代謝異常、心血管系異常が見られる場合がある。

 

 

成人の体内に約2g含まれる亜鉛も存在します。たんぱく質の合成にかかわり、新しい細胞を作るので、からだの成長に欠かせません。DNAの主成分である核酸の合成や、からだを構成するたんぱく質であるコラーゲンの合成、ビタミンAの代謝にかかわつていますo日本人に不足しがちなミネラルで、とくに運動量や労働量の大きい人は注意が必要です。亜鉛は、肉、魚介類、かき、牛乳、玄米、ぬか、豆類、ごま、本の実、のりなどに多く含まれていますo(鑢》革→足ryに捏K目(欠乏症)●たんぱく質の合成がうまくできなくなり、細胞の増殖、修復力が低下する●成長障害を招くため、子どもは身長の伸びや体重の増加が止まり、思春期には性的な発達が遅れる●免疫力が低下してかぜをひきやすくなり、傷や病気が治りにくい●食欲不振、味覚障害、うつ状態、生殖能力の異常などをきたす。●食事から摂取する場合の過剰症の報告は、ほとんどない●大量にとりすぎると、銅や鉄欠乏を起こして貧血になるが、通常摂取量の10?30倍の摂取では健康障害は見られない